文字サイズ

会長ご挨拶

 一般社団法人 電気通信協会
    会長 山村 雅之

ごあいさつ

この度、和才博美前会長の後任として会長を引き継ぐこととなりました。就任にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

当協会は、昭和13年に電気通信事業の振興に寄与することを目的として設立され、創立82周年を迎える伝統ある団体です。この間、電信電話事業の黎明期から戦後の復興、積滞解消、ネットワークのデジタル化、光ブロードバンドの展開、モバイル通信の普及、グローバル化、コンピュータとの連携など、日本の情報通信事業の歴史とともに歩み、会員の皆さまのご協力を頂きながら、普及啓発活動等を進め、情報通信業界の発展と振興に寄与してまいりました。また、功労者の表彰、国際交流、人材育成等も実施しており、皆さまのご尽力とご功績に深く敬意を表します。

情報通信業界においては、世界トップクラスの通信インフラをベースとし、近年従来の通信に加えて、パソコン、スマートフォン等を利用したインターネット通信が盛んになり、多様なアプリケーションサービスの提供に伴って、我々を取り巻く生活環境は大きく変化しつつあります。またビジネス面においては、ICTが情報通信業界のみならず、製造、金融、農林水産、医療、教育等あらゆる業界で積極的に利用され、デジタル化の進展や通信形態の多様化、大量データの利活用等が多方面で社会に影響を及ぼす大きな変革の時代を迎えました。こうした中、情報通信業界はまさにその変革の中心的役割を担っており、さらなる技術革新と新たなサービスの提供が強く期待されるところです。

一方、生活や企業活動に深く浸透することにより、インターネット犯罪やセキュリティ問題、爆発的に増え続けるトラヒック問題等への対策も課題となっており、また、昨今の地震や洪水等の自然災害時においても安定的にサービスを提供できるしくみが必要となっています。

電気通信協会は、広く開かれた視野を心がけ、情報通信に関する知識の普及・啓発、調査等に力を注ぎ、時代に即応した多角的で有意義な情報を提供し、会員皆さまの事業の発展と、便利で安心できる生活の実現に向け、大いに貢献してまいる所存です。今後とも会員皆さま方のご支援とご高配を賜りますようよろしくお願い申し上げます。