文字サイズ

平成30年度 産業部会活動

 平成30年度の活動につきましては、関係各位のご協力により概ね当初の事業計画のとおり、充実した活動が展開できました。
 懇談会やフォーラム活動・見学会等のコミュニケーション活動につきましては、昨年同様精力的に実施いたしました。
 また、調査研究活動につきましても、グループ活動やテーマ調査会の、活発な活動を展開いたしました。特に情報通信月間参加行事として実施した懇談会及び特別講演会につきましては、広く一般に開放し、当協会の活動をPRいたしました。
 一方、国際協力活動については、タイ電気通信協会との合同イベントや、会員向け海外視察ツアーも更に訪問先内容の拡充に努めました。
 以下、具体的に平成30年度の事業報告をいたします。

基本活動

 1.コミュニケーション活動
会員相互のコミュニケーションを密にするため、意見交換の場として以下の懇談会・フォーラム活動等を実施いたしました。

(1)懇談会
総務省、通信事業者、大学、関連団体等の有識者の方々にスピーチをお願いし、会員との意見交換を図る懇談会をほぼ毎月開催いたしました。実施状況は以下のとおりです。
なお、西日本地区において開催したものにつきましては、別表にいたしました。

月日 講 師 テ ー マ 参加数 開催場所
345 1/25 NTTアメリカ
  代表取締役社長
     五味 和洋 氏
北米における情報通信産業の動向とNTTグループの活動状況 112名  明治
記念館
346 1/29 総務省 総合通信基盤局
  電気通信事業部長
      古市 裕久 氏
電気通信事業分野の政策動向 88名  東海大学
 校友会館
347 2/19 内閣官房
 東京オリンピック競技大会・ 
 東京パラリンピック競技大会
 推進本部事務局
 参事官補佐 酒井 隆行 氏
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会と政府の取組について 97名  東海大学
 校友会館
348 3/27 ソニーネットワークコミュニケーションズ㈱
 取締役 執行役員 EVP
     会田 容弘 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授
     市川 晴久 氏
㈱NTTぷらら
 代表取締役社長
     板東 浩二 氏
㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員
     原  隆一 氏

ソニーネットワークコミュニケーションズの
過去、現在、未来

87名  明治
記念館
349 4/3 〇日本電信電話㈱
 経営企画部門
 事業計画担当部長
     谷山  賢 氏
〇東日本電信電話㈱
 経営企画部 経営管理部門長 
     中根 毅弘 氏
「NTTグループの取組みと
2018年度事業計画」

「NTT東日本の2018年度(平成30年度)事業計画等について」

294名 経団連
 会館
351 5/22 KDDI㈱
 取締役 執行役員常務
 ソリューション事業本部
 副事業本部長
 兼 ビジネスIoT推進本部長
     森  敬一 氏
<情報通信月間参加行事>
通信とライフデザインの融合
~KDDIの取り組み~
196名  明治
記念館
352 6/1 ㈱野村総合研究所
 コンサルティング事業本部
 パートナー 北  俊一 氏
<情報通信月間参加行事>
移動体ビジネスの動向と展望
129名 経団連
 会館
355 9/21 東芝メモリ㈱
  SSD応用技術技師長
      大島 成夫 氏
〔パネリスト〕
慶應義塾大学
 理工学部 情報工学科
 教授  笹瀬  巌 氏
NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役 
     小林 清澄 氏
(一社)電気通信協会
 専務理事 祖父江 和夫 

デジタルトランスフォーメーション時代の
フラッシュストレージ展望
~Scaling Flash Technology to
 Meet Application Demands~

63名  東海大学
 校友会館
356 10/19 NTTコミュニケーションズ㈱
  代表取締役社長
     庄司 哲也 氏

前へ、先へ、外へ
~Transform. Transcend.~

112名  明治
 記念館
357 11/15 ㈱NTTデータ
 顧問  西畑 一宏 氏
NTT DATAのグローバル展開と日本企業のグローバル化について 87名 明治
記念館
359 12/14 日本電信電話㈱
 代表取締役社長
     澤田  純 氏
Smart Worldの実現に向けて 241名 経団連
会館

 

〔西日本地区〕

月日 講 師 テ ー マ 参加数 開催場所
350 4/6 〇日本電信電話㈱ 
 経営企画部門
 事業計画担当部長
      谷山  賢 氏
〇西日本電信電話㈱
 経営企画部
 経営管理部門長
       右田 聖秀 氏
「NTTグループの取組みと
2018年度事業計画」

「NTT西日本の2018年度事業計画について」

224名   ホテル
日航大阪
353 7/20

〇国際電気通信基礎技術研究所
          (ATR)
 脳情報通信総合研究所長
       川人 光男 氏
〇㈱NTTドコモ
 代表取締役副社長
      阿佐美 弘恭 氏

「脳科学、人工知能と
 精神医学の融合」

「beyon
~想いをつなげ
5Gでより豊かな未来へ~

120名   ホテル
ニューオータニ
  大阪
354 9/11 〇名古屋大学
  未来社会創造機構
  モビリティ領域 特任教授
       二宮 芳樹 氏
〇西日本電信電話㈱
   取締役 設備本部
  サービスマネジメント部長
      坂口 隆冨美 氏
「自動運転技術の動向と社会実装に向けて」
 
 

「NTT西日本グループの
設備系の取り組みについて」

164名 ローズコート
 ホテル
(名古屋)
358 12/4 〇西日本電信電話㈱
  代表取締役副社長
      黒田 吉広 氏
〇日立造船㈱
  相談役 古川  実 氏
「NTT西日本グループの
取り組み」
~新たな価値の提供と
 「つなぐ使命」の完遂~
 「船を造らない造船会社」
~何故社名を変えないのか~
156名   ホテル
日航大阪

 

(2)紹介セミナー
関連団体からの要望により、講演会の開催の協力をいたしました。
実施状況は以下のとおりです。

月日 テーマ・講師・内容 等 開催場所
5/16 第29回ブロードバンド特別講演会
 主催:NPO法人ブロードバンド・アソシエーション
 共催:(一社)電気通信協会 他

『beyond2020 日本文化の海外発信』
〇特別講演 文化庁長官  宮田 亮平 氏
〇基調講演Ⅰ「2020東京大会、文化を通じた機運醸成について」
 内閣官房 オリパラ事務局 企画・推進統括官  多田 健一郎 氏
〇基調講演Ⅱ「マンガとアニメと手塚治虫」
 ㈱手塚プロダクション 代表取締役社長  松谷 孝征 氏
〇パネルディスカッション「beyond2020 日本文化の海外発信」
〔モデレータ〕慶應義塾 教授  中村 伊知哉 氏
〔パネリスト〕内閣府 知的財産戦略推進事務局長  住田 孝之 氏
       (ミニプレゼン:「クールジャパン戦略の深化」)
       多田 健一郎 氏、松谷 孝征 氏

 明治
 記念館
12/13 第30回ブロードバンド特別講演会
 主催:NPO法人ブロードバンド・アソシエーション
 共催:(一社)電気通信協会 他

『どうなる? どうする? データ新世紀時代のプラットフォーム戦略』
〇記念講演「5G・IoT・AI時代のデータ利活用と日本の未来」
 総務省 総務審議官  鈴木 茂樹 氏
〇基調講演「ドコモが描くデジタルトランスフォーメーション」
 ㈱NTTドコモ 代表取締役副社長  阿佐美 弘恭 氏
〇講演Ⅰ「データが変えるパフォーマンス」~プロ・スポーツの進化に見るデータの力~
 SAPジャパン㈱ 代表取締役社長  福田  譲 氏
〇講演Ⅱ「楽天の成長とプラットフォーム ~戦略的なデータ活用~」
 楽天㈱ 執行役員 ファンクションCDO  北川 拓也 氏
〇講演Ⅲ「Society5.0時代の働き方.
      激化する採用難を乗り切れる競争力のある会社にするためには」
 ㈱ブイキューブ 代表取締役社長  間下 直晃 氏
〇パネルディスカッション
「今後の日本企業に必要なデータビジネス、データ戦略は?」
〔モデレータ〕日本経済新聞 編集委員  関口 和一 氏
〔パネリスト〕㈱NTTドコモ 取締役常務執行役員  森  健一 氏
       福田  譲 氏、北川 拓也 氏、間下 直晃 氏

明治
記念館 

 

(3)見学会
時宜に応じたテーマについて見学会を実施いたしました。
実施状況は以下のとおりです。

月日 見学先 参加数
27 10/17 NHK放送技術研究所 32名

 

(4)フォーラム活動
電気通信産業界の活性化に欠かせない、時代を担う人材に、業種・職種を超えた横断的な啓発・交流の場を提供することを目的として、フォーラムを実施いたしました。
実施状況は以下のとおりです。

  ① 平成29年度フォーラム活動状況
   1)参加状況
   平成29年度は、会員企業26社101名の方にご参加いただきました。

  事業者 機材メーカ 線材メーカ 工事会社 その他 合計
会社数 2 10 2 9 3 26
参加者 5 29 2 43 22 101

     
   2)チーム構成
   チーム構成は次表のとおり12チームで実施いたしました。

  チーム名 検討テーマ 参加人数
1 AIやビックデータ、ロボット等を活用したビジネスモデルの動向と提言 10
2 ICTを活用した新たな働き方の提言 7
3 C1 モバイル通信インフラ事業の今後のビジネスモデルの形態と課題 8
4 C2 インフラ事業としての情報通信産業の今後のビジネスモデルの形態と課題 10
5 次世代ITS、ドローン等における通信インフラの活用動向と課題、将来展望 10
6 観光立国の実現に向けてICT技術が果たす役割とその在り方 10
7 IoT時代のセキュリティ対策とAIの活用等の提案 7
8 インフラ設備(電気通信設備・その他社会インフラ設備)の構築・オペレーションへのICT/IoT活用方法の提言 7
9 第一次産業へのAIの活用状況と将来展望について 7
10 仮想現実(VR/MR)技術のビジネス展開シナリオの提言 7
11 IoE/IoT関連サービスについての動向ならびに新しいビジネスモデルの創造 10
12 LPWA等の低速・狭帯域の分野におけるモバイル技術の利用動向と将来展望 8

        
   3)活動経緯
      平成29年度の主な活動経緯は以下のとおりです。

      発足会・初会合    平成29年  5月31日
      代表幹事懇談会    平成29年  7月28日
                 平成29年11月29日
      成果報告会      平成30年   3月  2日
         客員講演会      平成29年11月15日~平成30年  1月12日 計12回
      会合総回数      計283回

 成果報告会は、メンバー以外の会員の参加も得て、参加者349名により、経団連会館 国際会議場において開催いたしました。
 平成20年度より故平山温氏、平成25年度より故前田光治氏ご寄付金による基金をもとに「平山賞」、「前田賞」を設立し、最優秀チームに成果報告会にて授与いたしました。
 なお、報告会終了後チームのメンバーを囲み、参加者全員による懇親パーティを開催いたしました。

  ② 平成30年度フォーラム活動状況
   1)参加状況
   平成30年度は、会員企業28社105名の方にご参加いただいております。

  事業者 機材メーカ 線材メーカ 工事会社 その他 合計
会社数 1 12 2 10 3 28
参加者 3 42 2 42 16 105

   
            2)チーム構成
   チーム構成は次表のとおり12チームで実施しています。

  チーム名 検討テーマ 参加人数
1 A1 5Gの商用化に向けた現状と5Gがもたらす変革(イノベーション)と課題 9
2 A2 5Gの商用化に向けた現状と5Gがもたらす変革(イノベーション)と課題 9
3 超少子高齢化社会の労働力不足を補うための、AIを活用したビジネス展開について 9
4 スポーツビジネスを活性化するためのICT業界の貢献案 10
5 近年の災害復旧状況から得た教訓と自然災害大国日本での通信設備のPublic Safety対応でのあるべき姿について 8
6 E1 IoT普及に伴う通信事業者の変化とAI活用の可能性 8
7 E2 IoT普及に伴う通信事業者の変化とAI活用の可能性 10
8 E3 IoT普及に伴う通信事業者の変化とAI活用の可能性 10
9 5Gを活用した電気通信工事現場の将来 5
10 情報通信産業におけるドローンやロボットの実践的活用方法と課題 10
11 最新の情報インフラを活用した新たなサービス創出による観光地や都市商店街の活性化 8
12 シェアリングサービスの動向と新たなビジネス展望 9

   
   3)活動経緯
   平成30年度の主な活動経緯は以下のとおりです。
      発足会・初会合     平成30年  5月31日
      代表幹事懇談会     平成30年  7月28日
                 平成30年12月 5日
      成果報告会      平成31年   3月  1日(予定)
         客員講演会      平成30年11月26日~平成30年12月26日 計12回(次表のとおり)
      会合総回数      計178回(12月末現在)

   成果報告会は、メンバー以外の会員も参加し、経団連会館 国際会議場において開催いたします。
    なお、報告会終了後チームのメンバーを囲み、参加者全員による懇親パーティを開催いたします。

   4)客員講演会実施状況

チーム 月日 講 師 テ ー マ 開催場所
11/26 ㈱JTB総合研究所
 事業開発部 主任研究員
       柴田 大輔 氏
観光マーケティングについて

  協会
 会議室

E1 11/27 (一財)災害科学研究所
 AI応用研究会 委員長
       古田  均 氏
AIの基礎と維持管理分野への応用の可能性   日立
 製作所
11/29 ㈱NTTデータ経営研究所
 情報戦略事業本部
 ビジネストランスフォーメーションユニット
 スポーツ&クリエイショングループリーダー
 シニアマネージャー 河本 敏夫 氏
スポーツ・デジタル・イノベーションについて 協会
会議室
A1 11/30 A.T.カーニー㈱
 パートナー  吉川 尚宏 氏
タワー事業観点での市場動向、制度動向 協会
会議室
A2 12/6 ㈱情報通信総合研究所
 ICTリサーチコンサルティング部
 主任研究員 中村 邦明 氏
5Gの商用化の現状とビッグデータ活用および情報銀行への影響考察 協会
会議室
G 12/6 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
 航空技術部門
 次世代航空イノベーションハブ
 研究領域主幹 原田 賢哉 氏

「空の産業革命」の実現に向けた官民・国内外の取り組み

協会
会議室
E2 12/13 日本電信電話㈱
 ネットワーク基盤技術研究所
 通信トラヒック品質プロジェクト
 プロジェクトマネージャ
       藤原 正勝 氏

通信事業者のネットワーク・設備についての保守運用の観点でどのようにAI等を活用するか

協会
会議室
E3 12/13 慶應義塾大学 環境情報学部
 准教授   山口 真吾 氏
防災・減災分野におけるイノベーション創出について
~AIを用いたSNS情報分析システムの普及可能性~
沖電気
工業
12/17 (一社)シェアリングエコノミー協会
 シェアリングエコノミー伝道師
       蓑口 恵美 氏
新しい経済の仕組み、シェアリングエコノミーと目指す未来 協会
会議室
12/19 厚生労働省
 職業安定局雇用開発部
 高齢者雇用対策課 課長補佐
       日髙 幸哉 氏
高齢者雇用に関する社会情勢と課題について 富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター
12/19 (一財)マルチメディア振興センター
 電波利用調査部 研究主幹
       飯塚 留美 氏
Public Safety LTEの海外動向と日本における現状と課題 東日本
電信電話
12/26 東京大学 政策ビジョン研究センター
 大学と社会システム研究部門
 産学及び社会連携システム研究ユニット
 特任研究員(弁護士)
      阿久津 匡美 氏
工事会社の管理業務や、現地作業へのAI活用の可能性と課題 協会
会議室

 

2.調査研究活動
 昨年度に引き続き、調査研究活動としてグループ活動、テーマ調査会、特別講演会を開催いたしました。

(1)グループ活動
主として会員の希望によるテーマ毎に、10社程度を1グループとして、共通な課題について意見交換を行い、産業界全体の発展と会員事業に寄与することを目的に活動いたしました。
現在、活動中のグループは以下のとおりです。

①メンバー先行型グループ           参加社数
1)電力グループ                   ( 5社)
2)電気通信動向研究グループ               ( 8社)
3)宅内技術研究グループ              ( 4社)
4)通信線路動向研究グループ             ( 21社)

②テーマ募集型グループ
1)線材工事・LAN・ビル配線動向研究グループ  (21社)

③その他
 複数口会員様を対象としてゲスト講演会を開催いたしました。
   ・第49回 平成30年12月7日
  (講師:NTTテクノクロス㈱ 代表取締役社長  串間 和彦 氏)

(2)テーマ調査会
参加メンバーの自主運営のもと、講演会・パネルディスカッションを中心として開催いたしました。
実施状況は以下のとおりで、ほぼ毎月開催いたしました。

【ブロードバンド・ユビキタス調査会】

月日 講 師 等 テ ー マ
144 1/24 ㈱情報通信総合研究所 ICT基盤研究部
 上席主任研究員      岸田 重行 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
富士通㈱ 顧問       成宮 憲一 氏
日本通信ネットワーク㈱ 
 代表取締役社長      得井 慶昌 氏
LPWAの技術動向とビジネス展望
145   2/6 国土交通省 大臣官房
  技術調査課長         石原 康弘 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
全国情報通信資材㈱
 代表取締役社長     佐久田 浩司 氏
㈱エクシオテック 代表取締役社長   作山 裕樹 氏
 i-Constructionの推進
146   3/26  ㈱情報通信総合研究所 ICT基盤研究部
 副主任研究員      吉岡 佐和子 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役        小林 清澄 氏
住友電気工業㈱ 顧問    矢野  厚 氏

CES&MWC2018にみるICTの最新トレンド
 

147 5/14 NTTブロードバンドプラットフォーム㈱
  代表取締役社長        南川 夏雄 氏
〔パネリスト〕
慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授     笹瀬  巌 氏
富士通㈱ 顧問       成宮 憲一 氏
日本通信ネットワーク㈱
 代表取締役社長      得井 慶昌 氏         
Wi-Fiサービスの動向と活用について
148 6/11 群馬大学 大学院 理工学府
 知能機械創製部門 准教授
次世代モビリティ社会実装研究センター 副センター長
             小木津 武樹 氏
 〔パネリスト〕
慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授     笹瀬  巌 氏
㈱NTTドコモ
 取締役 執行役員     丸山 誠治 氏
NTTインフラネット㈱
 代表取締役社長      浅野 健志 氏
自動車の自動運転への取り組み
149 7/12 公立大学法人 札幌市立大学 学長
                 中島 秀之 氏
 〔パネリスト〕
㈱NTTエムイー
 代表取締役社長       藤本 秀雄 氏
㈱エクシオテック 代表取締役社長    作山 裕樹 氏
(一社)電気通信協会 専務理事  祖父江 和夫
人工知能の歴史と未来
150 9/21 東芝メモリ㈱
 SSD応用技術技師長   大島 成夫 氏
 〔パネリスト〕
 慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授     笹瀬  巌 氏
 NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役        小林 清澄 氏
(一社)電気通信協会 専務理事  祖父江 和夫

<懇談会と合同>

デジタルトランスフォーメーション時代のフラッシュストレージ展望
 ~Scaling Flash Technology to Meet Application Demands~

151 10/1 京都大学 公共政策大学院 教授
 PwCあらた有限責任監査法人 スペシャルアドバイザー
              岩下 直行 氏
〔パネリスト〕
慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授     笹瀬  巌 氏
 ㈱NTTドコモ
 取締役 常務執行役員   丸山 誠治 氏
日本通信ネットワーク㈱
 代表取締役社長      得井 慶昌 氏

FinTech、仮想通貨ビジネスの最新動向

152 11/6 ㈱NTTドコモ
 執行役員 R&Dイノベーション本部
 イノベーション統括部長  大野 友義 氏
 〔パネリスト〕
 慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授     笹瀬  巌 氏
 NTTインフラネット㈱
 代表取締役社長      浅野 健志 氏
日本電気㈱ 執行役員常務  伊藤 幸夫 氏
AIエージェントの現状と動向
153 12/12 ㈱NTTファシリティーズ
 取締役 ソリューション本部
 スマートエネルギー部長  野崎 洋介 氏
〔パネリスト〕
慶應義塾大学 理工学部 
 情報工学科 教授      笹瀬  巌 氏
㈱フジクラ 常務執行役員   稲葉 雅人 氏
㈱エクシオテック 代表取締役社長   作山 裕樹 氏
脱炭素に向けた世界の動向や技術開発
 

 

【国際ビジネス調査会】

月日 講 師 テ ー マ
48 3/13 NTTコミュニケーションズ㈱
 クラウドサービス部 データセンターサービス部門長
NTT国際通信㈱ 代表取締役社長
          松尾 隆一 氏

インドネシアの通信事情とNTTComのクラウド&データセンタサービスの紹介

49 6/5 東日本電信電話㈱ ITイノベーション部
  国際室長       長江 靖行 氏
NTT東日本の国際活動
50 9/19 NTTファイナンス㈱
 グローバル事業部 事業企画部門
 担当部長     岡部 裕弥 氏
生活者として素直に見た中国の電子決済とその応用
~イノベーションが生まれる背景~
51 11/20 ㈱情報通信総合研究所 取締役
 ICTリサーチ・コンサルティング部長
          出口  健 氏
マレーシアにおけるICTビジネスの状況

 

【コンテンツ・アプリケーション調査会】

月日 講 師 等 テ ー マ
24 3/27 ソニーネットワークコミュニケーションズ㈱
  取締役 執行役員 EVP     会田 容弘 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授       市川 晴久 氏
㈱NTTぷらら 代表取締役社長 板東 浩二 氏
㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員     原  隆一 氏

<懇談会と合同>

ソニーネットワークコミュニケーションズの過去、現在、未来

25 6/7 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション㈱
 代表取締役社長        塚本 良江 氏
 〔パネリスト〕
電気通信大学 教授       市川 晴久 氏
 NTTコム エンジニアリング㈱
 代表取締役社長        荒本 和彦 氏
 ㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員     原  隆一 氏
顧客ロイヤルティ重視経営への転換を促すNPSとITの活用
26 9/5 アカマイ・テクノロジーズ(同)
 最高技術責任者        新村  信 氏
 〔パネリスト〕
電気通信大学 教授       市川 晴久 氏
㈱NTTぷらら 代表取締役社長 板東 浩二 氏
 富士通㈱ エグゼクティブフェロー   雄川 一彦 氏

コンテンツ配信プラットフォームの変遷と展望
~大量配信からセキュリティ、トランザクションシステムへ~  

27 11/8 東京大学大学院
  新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻
  工学系研究科 電気系工学専攻
東京大学 工学部 電気電子工学科
  教授               横山 明彦 氏
 〔パネリスト〕
電気通信大学 教授       市川 晴久 氏
NTTコム エンジニアリング㈱
 代表取締役社長        荒本 和彦 氏
 富士通㈱ エグゼクティブフェロー      雄川 一彦 氏
ユビキタスパワーネット(日本型スマートグリッド)の開発・実証動向

 

(3)特別講演会
専門的なトピックをフレキシブルに会員に提供するための講演会を実施いたしました。

月日 講 師 テ ー マ 参加数 開催場所
82 5/25 総務省 国際戦略局
 〇国際政策課 統括補佐
      内藤 頼孝 氏
〇技術政策課 統括補佐
      杦浦 維勝 氏
<情報通信月間参加行事>
「ICT国際政策の最近の動き」
 「総務省における技術政策」
~技術開発とイノベーションのすきまについての考察~
65名 東海大学
校友会館
83 6/26 総務省 情報流通行政局
〇情報通信政策課 統括補佐
      恩賀  一 氏
〇情報流通振興課 課長補佐
      上野 喬大 氏
〇地上放送課 総括補佐
      入江 晃史 氏
<情報通信月間参加行事>
 「ICT総合戦略とICT利活用政策における課題と展望」
 「総務省におけるオープンデータの取組」
「地上放送の課題と展望」
~データで見る地上放送~
81名 東海大学
校友会館
84 11/14 総務省 総合通信基盤局
〇電気通信事業部 事業政策課
 統括補佐 石谷 寧希 氏
〇電波部 電波政策課
 課長補佐 堀口 裕記 氏

「電気通信事業分野における競争ルール等の包括的検証」

「電波政策の最新動向について」

84名 東海大学
校友会館

 

3.国際交流国際協力活動
国際協力活動としてタイにおける電気通信セミナーや、情報通信関連視察を実施いたしました。
実施内容は以下のとおりです。

【タイ電気通信協会(TCT)/電気通信協会(TTA) Joint Seminar】
 2月1日、タイ国バンコクにてTCT/TTAジョイントセミナーを開催しました。
タイ国から副首相兼法務大臣、デジタル経済社会省大臣や主要キャリアの幹部が参加し、5G等のデジタル技術によるタイの社会改革をテーマとした講演やパネルディスカッションが行われました。日本からは、NTTドコモ阿佐美副社長、NTTコミュニケーション科学基礎研究所山田所長が講演を行いました。
この実施状況は、「電気通信」2018年4月号に掲載いたしました。

【ミャンマー・シンガポール情報通信関連視察】
会員企業のアジア地域におけるビジネス活動の支援のため、10月から11月にかけてミャンマーおよびシンガポールの情報通信関連視察を実施しました。一行15名は、両国の経済・電気通信事情等を、JETROのミャンマーオフィス、NTTコミュニケーションズ・ヤンゴンオフィス、NTTデータミャンマー、NTTシンガポール、NTTデータAPACより説明を受けるとともに、ミャンマー・ジャパン・ティラワ開発社、シンガポール政府機関である情報メディア開発庁、シンガポール神戸(製鋼)社、NTTシンガポールのセラングーンデータセンタの視察・見学等を行いました。
この実施状況は、「電気通信」2019年1月号に掲載いたします。

4.刊行物の発刊
会員への報告・周知のため以下の刊行物を発刊または寄稿いたしました。

 (1) 電気通信
 協会雑誌「電気通信」に産業部会ニュース欄を設け、毎月活動状況及び今後の予定を周知いたしました。また、懇談会での講演の要約を掲載いたしました。

 (2) リポート
 懇談会、講演会等の講演録、フォーラム成果報告等をリポートとして取りまとめ、基準部数を会員に配布いたしました。

平成29年度 産業部会活動

 平成29年度の活動につきましては、関係各位のご協力により概ね当初の事業計画のとおり、充実した活動が展開できました。
 懇談会やフォーラム活動・見学会等のコミュニケーション活動につきましては、昨年同様精力的に実施いたしました。
 また、調査研究活動につきましても、グループ活動やテーマ調査会の、活発な活動を展開いたしました。特に情報通信月間参加行事として実施した懇談会及び特別講演会につきましては、広く一般に開放し、当協会の活動をPRいたしました。
 一方、国際協力活動については、タイ電気通信協会との合同イベントや、会員向け海外視察ツアーも更に訪問先内容の拡充に努めました。
 以下、具体的に平成29年度の事業報告をいたします。

基本活動

 1.コミュニケーション活動
会員相互のコミュニケーションを密にするため、意見交換の場として以下の懇談会・フォーラム活動等を実施いたしました。

(1)懇談会
総務省、通信事業者、大学、関連団体等の有識者の方々にスピーチをお願いし、会員との意見交換を図る懇談会をほぼ毎月開催いたしました。実施状況は以下のとおりです。
なお、西日本地区において開催したものにつきましては、別表にいたしました。

月日 講 師 テ ー マ 参加数 開催場所
331 1/25 総務省 総合通信基盤局
 電気通信事業部長
      巻口 英司 氏
電気通信事業分野の政策動向 78名 東海大学
校友会館
332 2/27 東京大学 教授 経営学博士
 産学協創推進本部
 イノベーション推進部長
      各務 茂夫 氏
大学発ベンチャーとイノベーション・エコシステム 50名  明治
記念館
333 3/21 沖電気工業㈱ 執行役員
 情報通信事業本部 
 副本部長 片桐 勇一郎 氏
ICTビジネスの取組みと展望について 58名  明治
記念館
334 4/4 〇日本電信電話㈱
 経営企画部門
 事業計画担当部長
      高美 浩一 氏
〇東日本電信電話㈱
 経営企画部 経営管理部門長 
      中根 毅弘 氏
「NTTグループの取組みと
2017年度事業計画」

「NTT東日本の2017年度(平成29年度)事業計画等について」

301名 経団連
 会館
336 5/17 KDDI㈱ 理事
技術統括本部 新技術企画担当
     宇佐見 正士 氏
<情報通信月間参加行事>
KDDIにおける技術開発動向
129名  明治
記念館
337 6/26 富士通㈱
 イノベーティブIoT事業本部長
      松村 孝宏 氏
<情報通信月間参加行事>
ウェアラブル端末の動向とIoTソリューションへの活用
95名 経団連
 会館
340 9/21 ㈱ブロードバンドタワー
 代表取締役会長 兼 社長
㈱インターネット総合研究所
 代表取締役所長
      藤原  洋 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授 工学博士
       市川 晴久 氏
㈱NTTぷらら 代表取締役社長
       板東 浩二 氏
㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員
       原  隆一 氏
インターネットの将来、そして次に来るもの 103名  明治
記念館
341 10/17 ㈱NTTドコモ
 代表取締役社長
       吉澤 和弘 氏
5Gでより豊かな未来を
「beyond宣言」
170名 経団連
 会館
342 11/24 日本電信電話㈱
 ネットワーク基盤技術研究所
 ネットワーク戦略SE推進
 プロジェクトマネージャ
       岡崎 義勝 氏
IoT/5G時代に向けた将来のネットワークの技術開発の取り組み 109名 経団連
 会館
344 12/18 早稲田大学
 電子政府・自治体研究所  教授
NPO法人 国際CIO学会  理事長
       岩﨑 尚子 氏
〔パネリスト〕
㈱NTTドコモ 
 取締役 執行役員
       丸山 誠治 氏
住友電気工業㈱ 顧問
       矢野  厚 氏
(一社)電気通信協会 専務理事
      祖父江 和夫
“Smart Aging”とオープン・イノベーション 84名  明治
記念館

 

〔西日本地区〕

月日 講 師 テ ー マ 参加数 開催場所
335 4/7 〇日本電信電話㈱ 経営企画部門
  事業計画担当部長
       高美 浩一 氏
〇西日本電信電話㈱ 経営企画部
  経営管理部門長
       桂  一詞 氏
「NTTグループの取組みと
2017年度事業計画」

「NTT西日本の平成29年度事業計画について」

215名   ホテル
日航大阪
338 7/21 〇川崎重工業㈱ 顧問
       牧村  実 氏
〇㈱NTTデータ
  代表取締役副社長
       植木 英次 氏
「未来へ向けて挑戦するKawasakiのテクノロジー」

「NTTデータの事業戦略と
デジタル革命への対応」

114名   ホテル
ニューオータニ
  大阪
339 9/12 〇トヨタ産業技術記念館
  副館長  成田 年秀 氏
〇㈱豊田自動織機
理事 産業用コンポーネント事業室長
TMHG(Toyota Material Handling Group) CIO
       伊藤 寿秀 氏
〇西日本電信電話㈱ 取締役
関西事業本部長 兼 大阪支店長
       岸本 照之 氏
「研究と創造の生涯」
~豊田佐吉の志~

「豊田自動織機が取り組む
『IoT・ネットワークを活用した
ロジスティクス・スマートソリューション』」

「NTT西日本グループ
飛躍のステージに向けた取組み」

168名 ローズコート
 ホテル
(名古屋)
343 12/6 〇三菱UFJフィナンシャル・グループ
  イノベーション・ラボ所長
       上原 高志 氏
〇NTTスマートコネクト㈱
  代表取締役社長
       白波瀬 章 氏
「FinTechの現状とMUFGにおける取組」

「NTTスマートコネクトの現在と今後」
~データセンタからデータコネクトビジネスへ~

96名   ホテル
日航大阪

 

(2)紹介セミナー
関連団体からの要望により、講演会の開催の協力をいたしました。
実施状況は以下のとおりです。

月日 テーマ・講師・内容 等 開催場所
12/5 第28回ブロードバンド特別講演会
主催:NPO法人ブロードバンド・アソシエーション
共催:(一社)電気通信協会 他

『東京2020が促す通信・放送ルネサンス』
基調講演Ⅰ「東京2020大会:新たなスポーツの価値の創造」
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副事務総長  古宮 正章 氏
基調講演Ⅱ「2020年以降に向けた日本のICT戦略」
総務省 総務審議官(郵政・通信担当)  鈴木 茂樹 氏
講演Ⅰ「スマート&ユニバーサルソサイエティ×ICT~2020年、そしてその先へ~」
日本電信電話㈱ 取締役 新ビジネス推進室長 2020準備担当 栗山 浩樹 氏
講演Ⅱ「『2020』・そして、それからの放送メディア」
 日本放送協会 専務理事 技師長  児野 昭彦 氏
パネルディスカッション
「オリンピックが拓く新ビジネス~コネクテッドインダストリーズへの挑戦~」
〔モデレータ〕日本経済新聞社 編集委員  関口 和一 氏
〔パネリスト〕古宮正章 氏、鈴木茂樹 氏、栗山浩樹 氏、児野昭彦 氏

明治
記念館

 

(3)見学会
時宜に応じたテーマについて見学会を実施いたしました。
実施状況は以下のとおりです。

月日 見学先 参加数
26 10/13 NTTドコモ R&Dセンタ 37名

 

(4)フォーラム活動
電気通信産業界の活性化に欠かせない、時代を担う人材に、業種・職種を超えた横断的な啓発・交流の場を提供することを目的として、フォーラムを実施いたしました。
実施状況は以下のとおりです。

  ① 平成28年度フォーラム活動状況
   1)参加状況
   平成28年度は、会員企業29社94名の方にご参加いただきました。

  事業者 機材メーカ 線材メーカ 工事会社 その他 合計
会社数 2 11 2 9 5 29
参加者 3 32 2 38 19 94

     
   2)チーム構成
   チーム構成は次表のとおり12チームで実施いたしました。

  チーム名 検討テーマ 参加人数
1 AI(人工知能)の現状・課題と将来サービスの検討 8
2 B1 モバイル技術変遷とスマートフォンの次に来るべき次世代コミュニケータの提言 9
3 B2 モバイル技術変遷とスマートフォンの次に来るべき次世代コミュニケータの提言 7
4 インフラ設備老朽化の現状と課題並びに今後の方向性の検討 8
5 AR/VR技術を活用したサービスの導入状況と新たなビジネスモデルの提案 6
6 自動車産業におけるIT化の進展と情報通信インフラが備えるべき機能についての検討 7
7 ICT技術による地域防犯システムの構築と安全・安心な社会基盤の提案 8
8 超成熟社会を支えるICT技術の在り方と、将来のライフイメージの検討 9
9 介護・医療分野におけるICT利用技術の発展と、新たな活用方法の提言 7
10 クラウド技術の将来動向とあるべきセキュリティについて 8
11 SDNの発展によって考えられるメリット・デメリットとビジネスモデル 8
12 災害対策における衛星・センシング・ビッグデータ等のICT活用方法の提言について 9

        
   3)活動経緯
      平成28年度の主な活動経緯は以下のとおりです。

      発足会・初会合     平成28年  6月  2日
      代表幹事懇談会    平成28年  7月29日
                 平成28年11月25日
      成果報告会      平成29年   3月  3日
         客員講演会      平成28年11月10日~平成29年  1月10日 計12回
      会合総回数      計264回

 成果報告会は、メンバー以外の会員の参加も得て、参加者319名により、経団連会館 国際会議場において開催いたしました。
 平成20年度より故平山温氏、平成25年度より故前田光治氏ご寄付金による基金をもとに「平山賞」、「前田賞」を設立し、最優秀チームに成果報告会にて授与いたしました。
 なお、報告会終了後チームのメンバーを囲み、参加者全員による懇親パーティを開催いたしました。

  ② 平成29年度フォーラム活動状況
   1)参加状況
   平成29年度は、会員企業26社101名の方にご参加いただいております。

  事業者 機材メーカ 線材メーカ 工事会社 その他 合計
会社数 2 10 2 9 3 26
参加者 5 29 2 43 22 101

   
            2)チーム構成
   チーム構成は次表のとおり12チームで実施しています。

  チーム名 検討テーマ 参加人数
AIやビックデータ、ロボット等を活用したビジネスモデルの動向と提言 10
ICTを活用した新たな働き方の提言
C1 モバイル通信インフラ事業の今後のビジネスモデルの形態と課題
C2 インフラ事業としての情報通信産業の今後のビジネスモデルの形態と課題(大阪) 10
次世代ITS、ドローン等における通信インフラの活用動向と課題、将来展望 10
観光立国の実現に向けてICT技術が果たす役割とその在り方 10
IoT時代のセキュリティ対策とAIの活用等の提案
インフラ設備(電気通信設備・その他社会インフラ設備)の構築・オペレーションへのICT/IoT活用方法の提言
第一次産業へのAIの活用状況と将来展望について
10 仮想現実(VR/MR)技術のビジネス展開シナリオの提言
11 IoE/IoT関連サービスについての動向ならびに新しいビジネスモデルの創造 10
12 LPWA等の低速・狭帯域の分野におけるモバイル技術の利用動向と将来展望

   
   3)活動経緯
   平成29年度の主な活動経緯は以下のとおりです。
      発足会・初会合     平成29年  5月31日
      代表幹事懇談会    平成29年  7月28日
                 平成29年11月29日
      成果報告会      平成30年   3月  2日(予定)
         客員講演会      平成29年11月15日~平成30年 1月12日 計12回(次表のとおり)
      会合総回数      計160回(12月末現在)

   成果報告会は、メンバー以外の会員も参加し、経団連会館 国際会議場において開催いたします。
    なお、報告会終了後チームのメンバーを囲み、参加者全員による懇親パーティを開催いたします。

   4)客員講演会実施状況

チーム 月日 講 師 テ ー マ 開催場所
29年11/15 慶應義塾大学 大学院
 システムデザイン・マネジメント研究科
 教授    小木 哲朗 氏
VR・AR技術の進化とビジネス展開予想 慶應義塾
  大学
11/15  総務省 総合通信基盤局
電波部 移動通信課
〇新世代移動通信システム推進室
   課長補佐   川﨑 大佑 氏
〇課長補佐  中川 拓哉 氏
「『自動運転』『Connected Car(つながるクルマ)』を巡る状況と総務省の取組」
「ドローン/ロボット利活用多様化に対応する総務省の電波利用高度化施策」
日立ソリュー
ションズ
G  11/20   独立行政法人 経済産業研究所
 上席研究員 岩本 晃一 氏
「新しいIoTビジネスモデルin第4次産業革命」
「日本の産業構造の問題点はなにか」
協会
会議室 
C2 11/21   京セラコミュニケーションシステム㈱
 LPWAソリューション事業部
 ネットワークインフラ課 宇都宮 隆介 氏
LPWAによるIoTビジネスの最前線  日本電気 
11/28 早稲田大学 商学学術院
 教授    平野 正雄 氏
Unlocking IoE Potentials 協会
会議室
11/30 (一社)日本テレワーク協会
 専務理事  中山 洋之 氏
テレワークの現状と課題について 協会
会議室
12/4 ㈱情報通信総合研究所
ICT基盤研究部 上席主任研究員
       岸田 重行 氏
LPWA関連領域における技術利用動向と将来展望 協会
会議室
 F 12/5   富士通㈱ マーケティング戦略本部
 新技術事業化戦略統括部
 Zinrai戦略推進部 マネージャー
       武嶋 祐介 氏
 AIビジネスの市場動向と富士通におけるAIの取り組み 富士通 
 E 12/8   デロイトトーマツコンサルティング合同会社
 マネジャー  平林 知高 氏
 観光立国実現に向けておもてなしプラットフォームが果たす役割 富士通 
C1 12/14 モバイルジャーナリスト
            佐野 正弘 氏
5Gでキャリアのサービスと消費者のニーズはどう変わるのか 協会
会議室
12/14 農林水産省 大臣官房 政策課
技術政策室長 山田 広明 氏
スマート農業の実現に向けた取組みと先進事例について 東日本
電信電話
30年
1/12
㈱日立システムズ
  〇経営戦略本部 事業企画部
   部長代理  原田  直 氏
  〇関東甲信越支社
   営業本部 第一営業部
       部長代理    種池 邦生 氏
農業分野におけるICTの活用事例
~弊社の取組みのご紹介~
日立
製作所

 

2.調査研究活動
 昨年度に引き続き、調査研究活動としてグループ活動、テーマ調査会、特別講演会を開催いたしました。

(1)グループ活動
主として会員の希望によるテーマ毎に、10社程度を1グループとして、共通な課題について意見交換を行い、産業界全体の発展と会員事業に寄与することを目的に活動いたしました。
現在、活動中のグループは以下のとおりです。

①メンバー先行型グループ           参加社数
1)電力グループ                   ( 5社)
2)電気通信動向研究グループ               ( 7社)
3)宅内技術研究グループ              ( 4社)
4)通信線路動向研究グループ             ( 21社)

②テーマ募集型グループ
1)線材工事・LAN・ビル配線動向研究グループ  (22社)

③その他
 複数口会員様を対象としてゲスト講演会を開催いたしました。
   ・第48回 平成29年12月21日
  (講師:NTTセキュリティ・ジャパン㈱ 代表取締役社長  与沢 和紀 氏)

(2)テーマ調査会
参加メンバーの自主運営のもと、講演会・パネルディスカッションを中心として開催いたしました。
実施状況は以下のとおりで、ほぼ毎月開催いたしました。

【ブロードバンド・ユビキタス調査会】

月日 講 師 等 テ ー マ
134 1/31 ㈱NTTデータ 金融事業推進部
 技術戦略推進部 システム企画担当部長
              赤羽 喜治 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
富士通㈱ 特命顧問     成宮 憲一 氏
沖電気工業㈱ 顧問     西郷 英敏 氏
FinTechにおけるブロックチェーンの将来と課題
135   2/17  ㈱日立製作所 理事 研究開発グループ 技師長
              矢野 和男 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
日本通信ネットワーク㈱
 代表取締役社長      得井 慶昌 氏
㈱エクシオテック 代表取締役社長  作山 裕樹 氏
 人工知能はビジネスをどう変えるか
136   3/30  ㈱情報通信総合研究所 ICT基盤研究部
 副主任研究員      吉岡 佐和子 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役        小林 清澄 氏
住友電気工業㈱ 常務取締役 矢野  厚 氏
自動運転車の動向とIT社会の未来 
~海外大型カンファレンスにみるICTの最新動向~
137 4/12 国土交通省 道路局 環境安全課
 交通安全政策分析官    蓮見 有敏 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
NTTインフラネット㈱
 代表取締役社長     佐久田 浩司 氏
㈱エクシオテック 代表取締役社長  作山 裕樹 氏
日本における無電柱化推進政策
138 5/16 日本電信電話㈱
 未来ねっと研究所長     川村 龍太郎 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
㈱NTTドコモ
 取締役 執行役員     丸山 誠治 氏
NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役        小林 清澄 氏
IoTの新たな潮流
139 6/19 ㈱フジクラ
 執行役員 エネルギー・情報通信カンパニー
 マーケティング室長     佐藤 公紀 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
東日本電信電話㈱
 常務取締役        藤本 秀雄 氏
沖電気工業㈱ 顧問     西郷 英敏 氏
世界で活きる日本の光ファイバ関連技術
140 9/1 国立研究開発法人 科学技術振興機構
 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
 プログラム・マネージャー
スタンフォード大学 名誉教授   山本 喜久 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
NTTコミュニケーションズ㈱
 代表取締役副社長     舩橋 哲也 氏
富士通㈱ 顧問       成宮 憲一 氏
コヒーレント・イジングマシン
~量子限界で動作する光ニューラルネットワーク~
141 10/23 日本電信電話㈱
 セキュアプラットフォーム研究所長
             大久保 一彦 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役        小林 清澄 氏
住友電気工業㈱ 顧問    矢野  厚 氏
IoT/AI進展に立ちはだかるセキュリティ課題へのアプローチ
142 11/28 ㈱NTTドコモ
 R&Dイノベーション本部 先進技術研究所
 5G推進室長        中村 武宏 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
日本通信ネットワーク㈱
 代表取締役社長      得井 慶昌 氏
㈱エクシオテック 代表取締役社長  作山 裕樹 氏
5G最新動向と展望
~パートナーの強みを融合させた世界~
143 12/18 早稲田大学 電子政府・自治体研究所 教授
NPO法人 国際CIO学会 理事長
              岩﨑 尚子 氏
〔パネリスト〕
㈱NTTドコモ 取締役 執行役員
              丸山 誠治 氏
住友電気工業㈱ 顧問    矢野  厚 氏
(一社)電気通信協会 専務理事  祖父江 和夫
<懇談会と合同>

“Smart Aging”とオープン・イノベーション

 

【国際ビジネス調査会】

月日 講 師 テ ー マ
45 2/13 NTTコミュニケーションズ㈱
 取締役 グローバル事業推進部長
          前田 隆伸 氏
NTTコミュニケーションズのグローバル事業戦略
46 7/10 アビームコンサルティング㈱
 金融・社会インフラビジネスユニット
 シニアスペシャリスト  埋田 奈穂子 氏
ミャンマーの経済・通信市場における動向
47 11/30 NTTコム マーケティング㈱
 代表取締役社長  風見 健史 氏
NTT ComのAPACにおける事業活動について

 

【コンテンツ・アプリケーション調査会】

月日 講 師 等 テ ー マ
20 2/23 総務省 情報流通行政局
 情報通信作品振興課長   豊嶋 基暢 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授 工学博士 市川 晴久 氏
㈱NTTぷらら 代表取締役社長 板東 浩二 氏
㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員   原  隆一 氏
「教育の情報化」と「放送コンテンツの流通促進」
21 5/18 電気通信大学 大学院 情報理工学研究科 教授
人工知能先端研究センター長   栗原  聡 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授 工学博士 市川 晴久 氏
東日本電信電話㈱ 常勤監査役 三村 尚史 氏
富士通㈱ エグゼクティブフェロー   雄川 一彦 氏
進化する人工知能と社会との関係のこれから
22 9/21 ㈱ブロードバンドタワー 代表取締役会長 兼 社長
㈱インターネット総合研究所 代表取締役所長
              藤原  洋 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授 工学博士 市川 晴久 氏
㈱NTTぷらら 代表取締役社長 板東 浩二 氏
㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員   原  隆一 氏
<懇談会と合同>

インターネットの将来、そして次に来るもの

23 12/8 早稲田大学 理工学術院
 基幹理工学部 教授    後藤 滋樹 氏
〔パネリスト〕
電気通信大学 教授 工学博士 市川 晴久 氏
NTTコム エンジニアリング㈱
 代表取締役社長      荒本 和彦 氏
㈱ミライト・ホールディングス
 取締役 常務執行役員   原  隆一 氏
インターネットの課題とその将来

 

(3)特別講演会
専門的なトピックをフレキシブルに会員に提供するための講演会を実施いたしました。

月日 講 師 テ ー マ 参加数 開催場所
79 5/29 総務省 情報流通行政局
〇情報流通振興課 統括補佐
      高田 裕介 氏
〇地上放送課 総括補佐
      入江 晃史 氏
<情報通信月間参加行事>
「地域IoTの実装推進に向けて」
「頑張るローカル局を応援する!」
~地上放送行政の現状と課題~
81名 東海大学
校友会館
80 6/15 総務省 情報通信国際戦略局
〇情報通信政策課 統括補佐
      西潟 暢央 氏
〇国際政策課 統括補佐
     鈴木 健太郎 氏
〇技術政策課 統括補佐
      寺岡 秀礼 氏
<情報通信月間参加行事>
「情報通信国際戦略局における政策動向」
~経済成長と国際社会への貢献~
「ICT国際政策の最近の動き」
「IoT/BD/AI時代のICT研究開発政策」
97名 東海大学
校友会館
81 11/15 総務省 総合通信基盤局
〇電気通信事業部 事業政策課
 統括補佐 石谷 寧希 氏
〇電波部 電波政策課
 統括補佐 五十嵐大和 氏
「電気通信事業に関する最近の政策動向」

「電波政策の最新動向について」

80名 東海大学
校友会館

 

3.国際交流国際協力活動
国際協力活動としてタイにおける電気通信セミナーや、情報通信関連企業視察ツアーを実施いたしました。
実施内容は以下のとおりです。

【タイ電気通信協会(TCT)/電気通信協会(TTA) Joint Seminar】
1月19日、タイ国バンコクにてTCT/TTAジョイントセミナーを開催しました。
タイ国からデジタル経済社会省大臣をはじめ主要キャリアの幹部が参加し、デジタルインフラストラクチャのための官民協力をテーマとしたスピーチが寄せられました。日本からは、NTTドコモ阿佐美副社長が基調講演を、NTTBP南川社長がセッションスピーチを行いました。
この実施状況は、「電気通信」2017年4月号に掲載いたしました。

【ラオス・ベトナム情報通信関連企業視察ツアー】
会員企業のアジア地域におけるビジネス活動の支援のため、10月にラオス・ベトナム情報通信関連企業視察を実施しました。一行15名は、両国の経済・電気通信事情等を、JETROのラオス及びベトナムのオフィス、NTTComビエンチャン事務所、NTTComベトナム、NTTベトナムより説明を受けるとともに、MMCエレクトロニクスラオス社、キャノンベトナム社の視察・見学を行いました。
この実施状況は、「電気通信」2018年1月号に掲載いたしました。

4.刊行物の発刊
会員への報告・周知のため以下の刊行物を発刊または寄稿いたしました。

 (1) 電気通信
 協会雑誌「電気通信」に産業部会ニュース欄を設け、毎月活動状況及び今後の予定を周知いたしました。また、懇談会での講演の要約を掲載いたしました。

 (2) リポート
 懇談会、講演会等の講演録、フォーラム成果報告等をリポートとして取りまとめ、基準部数を会員に配布いたしました。

平成28年度 産業部会活動

 平成28年度の活動につきましては、関係各位のご協力により概ね当初の事業計画のとおり、充実した活動が展開できました。
 懇談会やフォーラム活動・見学会等のコミュニケーション活動につきましては、昨年同様精力的に実施いたしました。
 また、調査研究活動につきましても、グループ活動やテーマ調査会の、活発な活動を展開いたしました。特に情報通信月間参加行事として実施した懇談会及び特別講演会につきましては、一般に広く開放し、当協会の活動をPRいたしました。
 一方、国際協力活動については、タイ電気通信協会との合同イベントや、会員視察ツアーも更に訪問先内容の拡充に努めました。
 以下、具体的に平成28年度の事業報告をいたします。

 基本活動

 1.コミュニケーション活動
  会員相互のコミュニケーションを密にするため、意見交換の場として以下の懇談会・フォーラム活動等を実施いたしました。

(1)懇談会
総務省、通信事業者、大学、関連団体等の有識者の方々にスピーチをお願いし、会員との意見交換を図る懇談会をほぼ毎月開催いたしました。実施状況は以下のとおりです。
なお、西日本地区において開催したものにつきましては、別表にいたしました。

月日 講  師 テ ー マ 参加数 開催場所

317

1/18

総務省 総合通信基盤局
 電気通信事業部長
        大橋 秀行 氏

電気通信事業分野の政策動向

80名

東海大学
校友会館

318

1/27

NTTヨーロッパ
代表取締役社長 森林 正彰 氏〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院
     教授 小尾 敏夫 氏
日本通信ネットワーク㈱
代表取締役社長 得井 慶昌 氏
㈱エクシオテック
代表取締役社長 作山 裕樹 氏

NTTグローバル事業の勝算
~欧州の現場から~

110名

  経団連
    会館

319

2/10

慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授
        山中 直明 氏

ICT技術を応用した
次世代エネルギー制御と
IoTマネタイズ

81名

  経団連
    会館

320

4/4

日本電信電話㈱ 経営企画部門 
事業計画担当部長 高美浩一 氏

東日本電信電話㈱ 経営企画部
経営管理部門長 中根 毅弘 氏

「NTTグループの取組みと
2016年度事業計画」
「NTT東日本の2016年度
(平成28年度)事業計画等に
ついて」

334名

  経団連
    会館

322

5/25

KDDI㈱ バリュー事業本部
  理事 新規ビジネス推進本部長
              塚田 俊文 氏

<情報通信月間参加行事>
KDDIにおける新規ビジネス
への取り組み

149名

  経団連
    会館

323

6/22

㈱野村総合研究所
 ICT・メディア産業コンサルティング部
 上席コンサルタント  北  俊一 氏

<情報通信月間参加行事>
ケータイ業界の構造改革の行方

134名

  経団連
    会館

324

7/8

日本電気㈱ テレコムキャリアビジネスユニット
 海洋システム事業部長代理
        緒方 孝昭 氏

光海底ケーブルシステム事業に
対するNECの取り組み

82名

  経団連
    会館

326

9/7

京都大学 名誉教授
(一財)地域地盤環境研究所
    代表理事   足立 紀尚 氏
〔パネリスト〕
早稲田大学 大学院 教授
        小尾 敏夫 氏
東日本電信電話㈱
 常務取締役  藤本 秀雄 氏
NTTインフラネット㈱
 代表取締役社長
       佐久田 浩司 氏

20世紀の大規模土木
プロジェクトが残したもの

118名

   明治
 記念館

328

10/18

日本電信電話㈱
 常務取締役 技術企画部門長
        小林 充佳 氏

2020に向けた
NTTグループの取り組み

234名

  経団連
    会館

330

12/14

早稲田大学
電子政府・自治体研究所
主任研究員 兼 研究院 准教授
        岩﨑 尚子 氏
〔パネリスト〕
NTTコミュニケーションズ㈱
代表取締役副社長 舩橋哲也 氏
NTTアドバンステクノロジ㈱
 常務取締役  小林 清澄 氏
(一社)電気通信協会
 専務理事   児玉 雅俊

超高齢社会と情報社会の融合

93名

   明治
 記念館

 

〔西日本地区〕

月日 講  師 テ ー マ 参加数 開催場所
321 4/8 日本電信電話㈱ 経営企画部門
 事業計画担当部長 高美浩一氏

西日本電信電話㈱ 経営企画部
 経営管理部門長 桂 一詞 氏

「NTTグループの取組みと
2016年度事業計画」

「NTT西日本の平成28年度
事業計画について」

211名   ホテル
日航大阪
325 7/22 日本銀行
 理事 大阪支店長 宮野谷篤氏

NTTコミュニケーションズ㈱
 代表取締役副社長 中田勝己 氏

「内外経済情勢と関西経済」

「NTTコミュニケーションズ
の事業戦略」

150名    ホテル
ニューオータニ
 大阪
327 9/13 中部電力㈱ 電力ネットワークカンパニー
 電子通信部長 横山  毅 氏

西日本電信電話㈱ 
 取締役技術革新部長 上間 功也氏

「電力通信ネットワークの
変遷と今後の展望」 
「社会イノベーションを
もたらすテクノロジー」
~IoTで変わる世界~ 
173名  ローズコート
  ホテル
329 12/6 京都大学
 白眉センター・大学院教育学研究科
 准教授    高橋 雄介 氏

日本電信電話㈱
 コミュニケーション科学基礎研究所
 企画担当主席研究員 山田武士氏

「心理データ解析から
 デザインイノベーションに挑む」

 「NTTが目指す4つのAIと
それを支えるコミュニケーション科学」

104名   ホテル
日航大阪

 

(2)紹介セミナー
関連団体からの要望により、講演会の開催の協力をいたしました。
実施状況は以下のとおりです。

月日 テーマ・講師 等 開催場所

3/22

国際CIO学会公開講演会「スマート経営とイノベーション」
 主催:早稲田大学
 後援:(一社)電気通信協会

オープニングスピーチ
 (一社)情報サービス産業協会顧問(学会理事長) 浜口 友一 氏
パネルディスカッション
〔パネリスト〕
 日本郵政 取締役兼代表執行役副社長  小松 敏秀 氏
 NEC 執行役員副社長  岡田 秀一 氏
 NTTコミュニケーションズ 代表取締役副社長  舩橋 哲也 氏
 東京大学 教授(次世代放送推進フォーラム理事長)須藤 修 氏
〔モデレーター〕
 早大 准教授(学会常任理事) 岩崎 尚子 氏

  早稲田
    大学

5/19

第25回ブロードバンド特別講演会
 主催:NPO法人ブロードバンド・アソシエーション
 共催:(一社)電気通信協会

『IoT時代を切り拓く5GとITSの可能性』
基調講演Ⅰ「IoT/ビッグデータ/AI時代の情報通信政策」
 総務省 情報通信国際戦略局長  山田 真貴子 氏
講演Ⅰ「IoT時代の5Gネットワーク」
 ㈱NTTドコモ 執行役員 イノベーション統括部長 栄藤 稔 氏
講演Ⅱ「クルマとIT技術の連携によるスマートモビリティ社会、その先へ」
 ㈱トヨタIT開発センター 代表取締役社長  谷口  覚 氏
基調講演Ⅱ「世界一のIoT社会を目指して」
 ㈱ブロードタワー 代表取締役会長社長 CEO  藤原  洋 氏
 パネルディスカッション「IoT時代を切り拓く5GとITSの可能性」
〔モデレータ〕藤原  洋 氏
〔パネリスト〕
 KDDI㈱理事 技術統括本部 技術開発本部長 宇佐見正士 氏
(ミニプレゼン:KDDIの考える5G)
 ㈱インフォシティ 代表取締役  岩浪 剛太 氏
(ミニプレゼン:5Gモバイル時代のアプリケーション)
 栄藤  稔 氏、谷口  覚 氏

   明治
 記念館

12/5

第26回ブロードバンド特別講演会
 主催:NPO法人ブロードバンド・アソシエーション
 共催:(一社)電気通信協会

『2020東京オリンピック・パラリンピックに向けた電波政策及び経済活動の活性化 ~5Gの実用化と4K・8Kの実用放送~』
基調講演「2020に向けた電波政策」
 総務省 総合通信基盤局 電波部長  渡辺 克也 氏
講演Ⅰ「2020に向けた5Gの実用化」
 ㈱NTTドコモ 取締役 常務執行役員 兼 CTO 尾上誠蔵 氏
講演Ⅱ「東京オリンピック・パラリンピックに向けた
      4K・8Kスーパーハイビジョンの実用放送」
 日本放送協会 技術局長・副技師長  春口  篤 氏

   明治
 記念館

 

(3)見学会
時宜に応じたテーマについて見学会を実施いたしました。
実施状況は以下のとおりです。

月日 見学先 参加数
25 11/14 KDDI総合研究所 33名

 

(4)フォーラム活動
電気通信産業界の活性化に欠かせない、時代を担う人材に、業種・職種を超えた横断的な啓発・交流の場を提供することを目的として、フォーラムを実施いたしました。
実施状況は以下のとおりです。 

 ① 平成27年度フォーラム活動状況
  1)参加状況
  平成27年度は、会員企業32社111名の方にご参加いただきました。

  事業者 機材メーカ 線材メーカ 工事会社 その他 合計
会社数 2 12 4 9 5 32
参加者 3 38 4 46 20 111

  
   2)チーム構成 
   チーム構成は次表のとおり12チームで実施いたしました。

  チーム名 検討テーマ 参加人数
1 次世代移動通信(5G)システムの課題と目指すべき方向 11
2 B1 ビッグデータ活用の現状とビジネス・社会への活用方法 12
3 B2 ビッグデータ活用の現状とビジネス・社会への活用方法
4 スマートICTを利用した地域創生・活性化の在り方
5 D1 東京オリンピックとICTを活用した首都改造提案 11
6 D2 東京オリンピックとICTを活用した首都改造提案 11
7 E1 M2M/IoTの現状と新たな事業機会の創出の検討
8 E2 M2M/IoTの現状と新たな事業機会の創出の検討
9 ドローン等のスマートマシンを活用したサービスの現状と情報通信分野への活用の在り方 12
10 G1 無電柱化計画の現状・課題と社会インフラのあるべき姿 11
11 G2 無電柱化計画の現状・課題と社会インフラのあるべき姿
12 広域災害時の通信確保に向けた新たな対策と備えるべき機能の検討

  
   3)活動経緯
   平成27年度の主な活動経緯は以下のとおりです。

      発足会・初会合  平成27年 5月29日
      代表幹事懇談会  平成27年 7月31日
               平成27年12月 3日
      成果報告会    平成28年 3月 4日
                       客員講演会    平成27年10月23日~平成28年 1月21日 計12回
      会合総回数    計279回

 成果報告会は、メンバー以外の会員の参加も得て、参加者359名により、経団連会館 国際会議場において開催いたしました。
 平成20年度より故平山温氏、平成25年度より故前田光治氏ご寄付金による基金をもとに「平山賞」、「前田賞」を設立し、最優秀チームに成果報告会にて授与いたしました。
 なお、報告会終了後チームのメンバーを囲み、参加者全員による懇親パーティを開催いたしました。

  ② 平成28年度フォーラム活動状況
   1)参加状況
   平成28年度は、会員企業29社94名の方にご参加いただいております。

  事業者 機材メーカ 線材メーカ 工事会社 その他 合計
会社数 2 11 2 9 5 29
参加者 3 32 2 38 19 94

 

   2)チーム構成
   チーム構成は次表のとおり12チームで実施しています。

  チーム名 検討テーマ 参加人数
1 AI(人工知能)の現状・課題と将来サービスの検討
2 B1 モバイル技術変遷とスマートフォンの次に来るべき次世代コミュニケータの提言
3 B2 モバイル技術変遷とスマートフォンの次に来るべき次世代コミュニケータの提言
4 インフラ設備老朽化の現状と課題並びに今後の方向性の検討
5 AR/VR技術を活用したサービスの導入状況と新たなビジネスモデルの提案
6 自動車産業におけるIT化の進展と情報通信インフラが備えるべき機能についての検討
7 ICT技術による地域防犯システムの構築と安全・安心な社会基盤の提案
8 超成熟社会を支えるICT技術の在り方と、将来のライフイメージの検討
9 介護・医療分野におけるICT利用技術の発展と、新たな活用方法の提言
10 クラウド技術の将来動向とあるべきセキュリティについて
11 SDNの発展によって考えられるメリット・デメリットとビジネスモデル
12 災害対策における衛星・センシング・ビッグデータ等のICT活用方法の提言について

  
    3)活動経緯
    平成28年度の主な活動経緯は以下のとおりです。

      発足会・初会合   平成28年 6月   2日
      代表幹事懇談会   平成28年 7月29日
                平成28年 11月 25日
      成果報告会     平成29年    3月   3日
                       客員講演会        平成28年11月10日~平成29年 1月10日 計12回 (次表のとおり)
      会合総回数     計139回(12月末現在)

 成果報告会は、メンバー以外の会員も参加し、経団連会館 国際会議場において開催いたします。 
 なお、報告会終了後チームのメンバーを囲み、参加者全員による懇親パーティを開催いたします。

  4)客員講演会実施状況

チーム 月日 講  師 テ ー マ 開催場所
28年
11/10
(一社)VRコンソーシアム
 会長     藤井 直敬 氏
VR技術の社会実装について  NTC
11/21 ㈱情報通信総合研究所
ソーシャルイノベーション研究部
 上席主任研究員 三浦 大典 氏
熊本地震におけるWi-Fi活用
~公共Wi-Fi整備のあり方~
   東京
オペラシティ
11/22 総務省 総合通信基盤局
 電波部 移動通信課
 新世代移動通信システム推進室
 室長補佐   増子 喬紀 氏
ICTと自動走行  日本電気
11/24 東洋大学 PPP研究センター
 シニアスタッフ 難波  悠 氏
インフラ老朽化と公民連携    東京
  オペラシティ
12/2 ㈱NTTデータ 
 技術革新統括本部
 技術開発本部長 風間 博之 氏
人工知能の最新動向と取り込みについて
~AI(人工知能)の新たなサービスと通信基盤への適用にむけて~
   東京
 オペラシティ
12/14 ㈱ディアイティ
 クラウドセキュリティ研究所長
                            河野 省二 氏
クラウドセキュリティガイドラインの国際化と事業者監査のこれから  山洋電気
 H 12/16 東京慈恵会医科大学
 先端医療情報技術研究講座
 脳神経外科学講座 医学博士
       髙尾 洋之 氏
スマホを使ったICT医療と病院ホスピタリティ  富士通
 F 12/19 東京大学 大学院 工学系 研究科
 准教授   樋野 公宏 氏
地域防犯システムの広域連携と安心・安全な社会生活基盤の提案 NECマグナスコミュニケーションズ
 G 12/19 慶應義塾大学 理工学部
 情報工学科 教授
                         山中 直明 氏
超成熟社会発展のサイエンス
~リーディング大学院とオープン研究センターでの取り組み~
日立ソリューションズ
B2 12/20 日本電気㈱
 SI・サービス市場開発本部
 スマートデバイスSI技術センター 主任
                            則枝  真 氏
ウェアラブルデバイスの今後の展望・活用方法について  日本電気
B1 12/26 ㈱情報通信総合研究所
 ICT基盤研究部 主任研究員
                            中村 邦明 氏
ウェアラブル端末の現在の動向と普及に向けた課題
~ウェアラブル端末によってコミュニケーションツールはどう変わるか~
ミライト・テクノロジーズ
29年1/10 東京大学 情報基盤センター
 准教授    関谷 勇司 氏
評価で見えてきたSDNの効果と課題、そして今後の発展について 富士通

 

2.調査研究活動
 昨年度に引き続き、調査研究活動としてグループ活動、テーマ調査会、特別講演会を開催いたしました。 

(1)グループ活動
主として会員の希望によるテーマ毎に、10社程度を1グループとして、共通な課題について意見交換を行い、産業界全体の発展と会員事業に寄与することを目的に活動いたしました。

現在、活動中のグループは以下のとおりです。

①メンバー先行型グループ              参加社数
 1)電力グループ                 ( 5社)
 2)電気通信動向研究グループ           ( 9社)
 3)宅内技術研究グループ             ( 4社)
 4)通信線路動向研究グループ           (23社)

②テーマ募集型グループ
 1)線材工事・LAN・ビル配線動向研究グループ  (22社)

③その他
 複数口会員様を対象としてゲスト講演会を開催いたしました。
  ・第47回 平成28年12月16日
  (講師:NTT都市開発㈱ 代表取締役社長  牧  貞夫 氏)

(2)テーマ調査会
参加メンバーの自主運営のもと、講演会・パネルディスカッションを中心として開催いたしました。
実施状況は以下のとおりで、ほぼ毎月開催いたしました。

【ブロードバンド・ユビキタス調査会】

月日 講 師 等 テ ー マ
124 1/27 NTTヨーロッパ
 代表取締役社長       森林 正彰 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 日本通信ネットワーク㈱
  代表取締役社長      得井 慶昌 氏
 ㈱エクシオテック
  代表取締役社長      作山 裕樹 氏

<懇談会と合同>

NTTグローバル事業の勝算
~欧州の現場から~

125 1/29 日本電信電話㈱ ネットワーク基盤技術研究所
 上席特別研究員       斎藤  洋 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 NTTアドバンステクノロジ㈱
  取締役          小林 清澄 氏
 沖電気工業㈱ 顧問     西郷 英敏 氏
空間情報を用いた新たなネットワーク研究
126 3/24 ㈱情報通信総合研究所
 グローバル研究グループ 副主任研究員
              吉岡 佐和子 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 東日本電信電話㈱ 取締役  藤本 秀雄 氏
 NTTインフラネット㈱
   代表取締役社長    佐久田 浩司 氏
IoTが生み出す新たな付加価値
~CESに見るクルマ・家の最新動向~
127 4/12 NTTコミュニケーションズ㈱
 情報セキュリティ部長 セキュリティ・エバンジェリスト
               小山  覚 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 住友電気工業㈱ 常務取締役 矢野  厚 氏
 日本通信ネットワーク㈱
  代表取締役社長      得井 慶昌 氏
NTTコムにおけるサイバー攻撃対策について
~マイナンバーは大丈夫か~
128 5/31 東京大学 先端科学技術研究センター
 教授            森川 博之 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 NTTアドバンステクノロジ㈱
  取締役          小林 清澄 氏
 富士通㈱ 特命顧問     成宮 憲一 氏
IoTが経済・産業・社会・地方を変える
129 6/15 「ネットワークの仮想化(Telco Cloud)
    日本アルカテル・ルーセント㈱    キャリア営業本部 技師長  髙木 康志 氏
「SDN/NFV革命を支えるオープンソースソフトウェア」
    NTTデータ先端技術㈱ ソリューション事業部
   SDIソリューションビジネスユニット フェロー フェルナンド・バスケス・カオ 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 NTTコミュニケーションズ㈱ 代表取締役副社長  舩橋 哲也 氏
 日本通信ネットワーク㈱ 代表取締役社長  得井 慶昌 氏
130 7/13 (一財)自治体衛星通信機構
 専務理事          伊藤 行正 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 沖電気工業㈱ 顧問     西郷 英敏 氏
 ㈱エクシオテック 代表取締役社長  作山 裕樹 氏
地域防災における衛星通信の役割と今後について
131 9/7 京都大学 名誉教授
(一財)地域地盤環境研究所
 代表理事          足立 紀尚 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 東日本電信電話㈱ 常務取締役 藤本 秀雄氏
 NTTインフラネット㈱
  代表取締役社長     佐久田 浩司 氏

<懇談会と合同>

20世紀の大規模土木プロジェクトが残したもの

132 11/7 東京大学 情報理工学系研究科
 准教授           川原 圭博 氏
〔パネリスト〕
 早稲田大学 大学院 教授  小尾 敏夫 氏
 ㈱NTTドコモ
  取締役 執行役員     丸山 誠治 氏
 富士通㈱ 特命顧問     成宮 憲一 氏
情報技術の転換点とその先
133 12/14 早稲田大学 電子政府・自治体研究所
 主任研究員 兼 研究院准教授 岩﨑 尚子氏
〔パネリスト〕
 NTTコミュニケーションズ㈱
  代表取締役副社長     舩橋 哲也 氏
 NTTアドバンステクノロジ㈱
  常務取締役        小林 清澄 氏
 (一社)電気通信協会 専務理事  児玉 雅俊

<懇談会と合同>

超高齢社会と情報社会の融合

 

【国際ビジネス調査会】

月日 講 師  テ ー マ
42 3/8 ㈱NTTファシリティーズ
 取締役 海外ビジネス本部長
          臼井  賢 氏
NTTファシリティーズの海外事業活動について
43 7/6 NTTアドバンステクノロジ㈱
 国際営業部 米国支店 主幹担当部長
          西村  孝 氏
イノベーションの最前線からみるシリコンバレー模様 2016
44 11/8 日本電信電話㈱ グローバルビジネス推進室
 担当部長(前北京事務所長)
          和田  悟 氏
最近の中国経済とICTを取り巻く動向、及びNTTグループの活動状況について

 

【コンテンツ・アプリケーション調査会】

 回 月日  講 師 等   テ ー マ
16 2/16 電気通信大学 教授
 i-パワードエネルギー・システム研究センター長
              市川 晴久 氏
〔パネリスト〕
㈱ミライト 取締役 常務執行役員 原 隆一氏
㈱NTTぷらら 代表取締役社長 板東 浩二氏

エネルギーソリューションプラットフォームを目指す研究開発
~i-パワードエネルギーシステム研究センターの概要と狙い~

 17 5/30   情報セキュリティ大学院大学
 情報セキュリティ研究科長 教授 後藤 厚宏 氏
〔パネリスト〕
 電気通信大学 教授 工学博士 市川晴久氏
 富士通㈱ エグゼクティブフェロー 雄川 一彦 氏
 ㈱ミライト 取締役常務執行役員 原 隆一氏
 サイバーセキュリティへの取組みと人材育成
~2020年までにやるべきこと~
18  9/15   ㈱オプティム
  代表取締役社長  菅谷 俊二 氏
〔パネリスト〕
 電気通信大学 教授 工学博士 市川晴久氏
 富士通㈱ エグゼクティブフェロー 雄川 一彦 氏
 ㈱NTTぷらら 代表取締役社長 板東浩二氏
 第4次産業革命と
 IoT/AI/Robot
 19 12/9   富士通㈱
 イノベーティブIoT事業本部長 松村 孝宏氏
〔パネリスト〕
 電気通信大学 教授 工学博士 市川晴久氏
 富士通㈱ エグゼクティブフェロー 雄川 一彦 氏
 ㈱ミライト・ホールディングス
  取締役 常務執行役員  原  隆一 氏
 ウェアラブル端末の動向と
IoTソリューションへの活用

 

(3)特別講演会
専門的なトピックをフレキシブルに会員に提供するための講演会を実施いたしました。 

月日 講  師 テ ー マ 参加数 開催場所
76 5/23 「IoT/ビッグデータ時代に向けたICT利活用の推進」
 情報流通振興課 統括補佐
      折笠 史典 氏
「放送政策の展望と課題」
 地上放送課 課長補佐
      藤井 信英 氏

<情報通信月間参加行事>

総務省 情報流通行政局
における政策動向について

87名 東海大学
校友会館
77 6/1 「2020年に向けた
    社会全体のIC
T化」
 情報通信政策課 課長補佐
     飯村 由香理 氏
「ICT国際政策の最近の動き」
 国際政策課 統括補佐
      髙本  純 氏
「科学技術政策と
     ICT研究開発政策」
 技術政策課 統括補佐
      小川 裕之 氏

<情報通信月間参加行事>

総務省 情報通信国際戦略局
における政策動向について

91名 東海大学
校友会館
78 11/16 「電気通信分野における
    消費者保護の取組み」
 電気通信事業部
 消費者行政第一課 課長補佐
      大磯  一 氏
「電波政策の最新動向について」
 電波部 電波政策課
 統括補佐
 五十嵐 大和 氏
総務省 総合通信基盤局
における政策動向
64名 東海大学
校友会館

 

3.国際交流国際協力活動
国際協力活動としてタイにおける電気通信セミナーや、情報通信関連企業視察ツアーを実施いたしました。
実施内容は以下のとおりです。

【タイ電気通信協会(TCT)/電気通信協会(TTA) Joint Seminar】
1月21日、タイ国バンコクにてTCT/TTAジョイントセミナーを開催しました。
タイ国から情報通信省大臣をはじめ主要キャリアの幹部が参加し、タイ・ASEANデジタルゲートウェイ構想に向けたスピーチが寄せられました。日本からは、NTTドコモ吉澤副社長が基調講演を、NTTぷらら板東社長がセッションスピーチを行いました。
この実施状況は、「電気通信」2016年5月号に掲載いたしました。

【オーストラリア情報通信関連企業視察ツアー】
会員企業のアジア地域におけるビジネス活動の支援のため、10月にオーストラリア情報通信関連企業視察ツアーを実施しました。一行14名は、オーストラリアの経済・電気通信事情等を、JETRO、NTTComICT、NBN(National Broadband Co.)より説明を受けるとともに、CSIRO(連邦科学技術機関)、NCI(National Computational
Institute:キャンベラ)の視察・見学を行いました。
この実施状況は、「電気通信」2017年2月号に掲載いたしました。

4.刊行物の発刊
  会員への報告・周知のため以下の刊行物を発刊または寄稿いたしました。

 (1) 電気通信
 協会雑誌「電気通信」に産業部会ニュース欄を設け、毎月活動状況及び今後の予定を周知いたしました。また、懇談会での講演の要約を掲載いたしました。

 (2) リポート
 懇談会、講演会等の講演録、フォーラム成果報告等をリポートとして取りまとめ、基準部数を会員に配布いたしました。