文字サイズ

海外情報通信関連企業視察

電気通信協会 インド通信関連企業視察

 インド におけるビジネス事情、通信事情及び現地日系企業の取り組み等の調査を目的に、2019年11月5日から10日までの6日間、電気通信協会主催の「インド通信関連企業視察」を実施し、会員企業等から総勢16名の皆様ご参加いただきました。
 インドはBRICsの中でも高い経済成長※1を維持し、巨大市場として高い注目を浴びています。人口は国連経済社会局(DESA)によると、2024年には14億4,000万人に達すると推測され、中国を抜き世界1位になると見込まれています。高い経済成長、人口の多さに加え、世界中のIT産業にかかわっていると言っても過言ではないほど、IT産業に関しては人材の層が厚いことなどもインドが世界から注目されている理由です。
 インドに進出している日系企業数は、在インド日本大使館およびジェトロ発表資料によると、2018年10月に1,441社に達しています。自動車産業をはじめとする製造業の割合が高い現状にありますが、近年ではIT系企業の進出も増加しています。今回は、商業、工業、政治の中心である、インド北部に位置する首都デリーを起点に、その周辺地域を視察しました。
 日本企業のインドビジネスを支援しているジェトロ・ニューデリー事務所では、最新の経済概況、制度情報、工業団地関連情報をうかがい、デリー首都圏に隣接するラジャスタン州の日系企業専用に提供されているニムラナ工業団地にて、実際の日系企業の進出状況を視察しました。
 インドの通信事情に関しては、15年前からインドで通信事業を展開されている日系企業「NTT Communications India Pvt. Ltd.」を訪問しました。インフラ環境等、さまざまな面で課題の多いインド通信事情の現状をうかがうとともに、インド国内の通信事業者であるTATA COMMUNICATIONS内に設置されている、NTT Communications IndiaのネットワークPoP(接続点)関連設備の視察を兼ね、インド国内通信事業者の業務、設備環境を視察しました。
 また、現在、インドが国をあげて進めている「スマートシティミッション(SCM)」に関しては、現在、インド南部のカルターナ州フブリ・ダールワッド市のスマートシティプロジェクトを推進している日系企業「NEC Technologies India Pvt. Ltd.」を訪問し、インドのスマートシティ構想、同社の取り組み状況、および、さまざまなソリューションによる戦略をうかがいました。
※1 2017年の経済成長率は世界で4番目に高い水準(7.2%) 出典:WORLD「Global Economic Prospects」2019年6月

視察報告書は、電気通信2020年1月号に掲載されています。