文字サイズ

新着情報一覧

  • 【TOPIC】
    <活動成果報告会>
     令和元年度(2019年度)フォーラム活動は、令和2年3月6日(金)13時より活動成果報告会を行い、今年度の活動を終了いたしました。
     フォーラム活動につきまして、種々ご配慮を賜り厚くお礼申しあげます。

    <評定結果>
     最優秀賞(前田賞):Iチーム
      テーマ:MaaSおよびドローン物流等による物流業界の変革の可能性とICT産業の在り方

      <Iチーム代表幹事からの感想>
       今回「物流」という普段接する事のないテーマに取り組みました。
       メンバーの誰もが知識を醸成するステータスから始まり、議論のための集まりもただの勉強会
      となり、議論が中々進まない状況が続きました。その中で我々にブレイクスルーが起きたのは企
      業訪問による各企業様からの知見でした。
       事前にメンバー内で考えた仮説に基づき、企業様からのコメントを頂く事で研究テーマのより
      一層の深堀が出来たと感じます。
       この場をお借りして感謝を申し上げると共に、本活動で得られた知見を更なる社会の発展に貢
      献できるよう努めたいと思います。

     優秀賞:D2チーム、Aチーム(発表順)
     特別賞:Jチーム、Hチーム、D1チーム(発表順)
     ※最優秀賞チームの報告内容は、電気通信2020年6月号に掲載予定

    <各チームの代表幹事からの感想>(一部チーム抜粋)
     近年注目度が増してきているスポーツビジネスを、単体ではなく産業エコシステム全体やICTとの関わりの中で捉える難しいテーマに取り組みました。初めは手探りでしたが、議論を進める中でスコープを地域社会の課題解決に絞り、多くの事例から成功に結びつく要素を抽出して複合的な成功モデルを提示することができ、非常に充実した活動にできたと考えております。
     社会という大きな視点で課題解決の在り方を考え、バックグラウンドの異なるメンバからなるチームで1つの成果を出したこの経験を、今後に活かしていきたいと思います。
     -------
     「5Gを活用した防災・減災の未来像」というテーマに対して、大阪エリア在勤者によるチーム編成である特徴を生かし、大阪万博や南海トラフ巨大地震といった、大阪に関連するテーマ設定を行ったことで、地域への貢献を視野に入れた提言ができたと考えます。また、5名という比較的小規模なチームでしたが、多様な経歴とスキルを持ったメンバーとの密なチームワークによって、満足する報告と発表が出来たと考えます。
     本フォーラムを通じて得られた、メンバーとの人脈や知見、経験を今後のビジネスに活かしていきます。
    ※代表幹事からの感想は、電気通信2020年5月号に掲載予定

一覧